読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aardvark - 11.26.16

かなり広い公園内の小さい美術館に行ってきた。

f:id:uyamuyadays:20161127093624j:plain


なんでも、旅行好きで40回を超える世界旅行をし、第一次、二次世界大戦にも従軍し、世界恐慌を幸運にも乗り越え、事業化としても最高し、晩年スキーをたしなみ、とかいうすごい人、Wilbur D. Mayさんのコレクション。


アフリカ大陸で狩をした動物の標本が半分くらいと、他の地域で得た美術品などが残り半分くらい。

ギリシャ紀元前の土器を見ると、いつも偽物っぽく感じてしまう。*1


西洋人が「狩り」という名の、生命を殺す感覚が全くわからないのだが、それはさておき、Bilburさんは相当楽しんだようで、色々な種の剥製あり。

英語の動物名ってよくわからんなと思いながら、グーグル検索した単語のひとつ、「aardvark」ツチブタ。

美術館のパネルには、ご丁寧にも辞書の一番目に載っている単語としても紹介文あり。

特性とか見てると、舌が12インチに伸びるともあり、アリクイみたいな動物なんだろな。


f:id:uyamuyadays:20161127094944j:plain

元々は宿泊先から散歩がてらに来た。広い公園で、同じように散歩している人もいる。


arboretum 樹木園

grove 樹木


うーん、見たら思い出せるかもしれないが、発音含めてモノにできるかと問われると、怪しい。

*1:そんな昔のものが残っていること自体驚きだし、それが適当に並べられているのも、どういうことだ。