bronchitis - 2.8.17

病名や薬の名前は聞いてもよくわからない。が、症状のジェスチャーをしてくれるので、そこから推測して、後から正しく理解する。。気管支炎。asthma ぜんそく という単語もあるので、いちおうメモ。これは綴りから発音を予測できない。ギリシャ語が語源にな…

hand off - 2.7.17

オンライン辞書を見ると、アメフトで(クォーターバック)ボールを(味方の選手に)手渡すときに使うとあるが、仕事で引き継ぐ、引き渡すときにも使っていた。hand overも似たような意味で、どういう違いがあるか説明できないと言われた。 Ugh.

bossy - 2.6.17

同僚からあれしろこれしろと言われたときに、随分親分風吹かせるねーっと冗談めかして言う。

awful - 2.2.17

基本的に最悪なという意味にしか使わないのだが、例えばawful bigと言うと、メッチャでかい、となる。

missing something - 2.1.17

なんか理解が足りてない…と言うときに使う。Say that again?と直接言うより、心理的に言いやすいので、多用。ただし、「ここまでは理解している」とか、「こういう理解ですけど」みたいな感じで、続けて説明する必要はある。

clockwise - 1.31.17

紙を複合機でスキャンすると、左右が傾いてpdfになっているときがあり*1、パソコンの画面で、右90度、左90度をクリックして見ないといけないのだが、アメリカのadobe readerは、90度という角度を表さずに、単にclockwise、counter clockwiseとなっていた。へ…

Do you have time? - 1.30.17

時間ありますか?を普通に言うと、Do you have time? で、何時ですか?が、Do you have the time?となり、とっさにどっちがどっちかわからなくなる。もし、自分から誰かに今の時間を聞くとすれば、Do you have a watch?と言って、timeの冠詞問題から逃れるこ…

horse mouth - 1.27.17

確かな情報源(人)が言ってたことだという時に、何故か「馬の口」と言うらしい。親切にも教えてくれた。

iffy - 1.26.17

口語で、あやふや。ifから派生してるっぽい。

embarrassing - 1.25.17

飛行機の中で、比較的若い(西洋人の見た目はよくわからない)グループに遭遇し、席を間違えた人に向かって、embarrassing to everyone! とからかっている場面を見たのだが、embarrassingの後には「to 人」なのか?と思ったとともに、アメリカ人も「世間一般に…

look out for - 1.13.17

句動詞。watch outに近い注視する。物理的な「足元注意」にも使えそうだが、気にかける的な意味合いで使われていそう。

expat - 1.12.17

expatriateの略。会社の中では日本からの出向者の意味合いで使われているようだが、辞書を見ると国外追放者とか国籍剥奪された、みたいな意味が書かれていて、印象が全然違う。

decipher - 1.11.17

暗号を解読すること。対義語はcipher、わかりやすい。

deem - 1.10.17

見た目は簡単だけど、意味が覚えられない。ニュアンスとしてはconsiderに近く、用法はfindと同じ。もしくは、shall be deeded to do 〜するものとみなす。ビジネス法務英語で使われてるみたい。

Hail Mary - 1.9.17

アメフトで、クオーター終了間際にタッチダウンパスを決めることを言うらしい。 www.espn.com Hail Maryはラテン語のアベマリアのことで、とちらかと言えばローマ・カトリック教会の祝詞のような気もするのだが、テレビでも普通に言うっぽい。

stay away - 1.8.17

雨の影響で川が氾濫の危険性があり、ホテルの部屋に案内が来ていました。 わざわざ、「Valued Guest」と言うあたりアメリカ英語っぽいなぁとまず感じたのですが、そんなことよりも「近寄らない」を「Stay Away」というのがとても英語らしい。 日本語の芝生に…

以上雑感を所感に代えさせていただきます(3) -1.7.17

日本人に告ぐ。HEINZのトマトケチャップはキャップを下にして置け。でないと、空気だけプシューッってなって、中身が出ない。*1 *1:大量の箸をテーブルに置きサービスの手間を省いたり、アメリカ人向け朝食サービスと仕切りを設けたりするホテル側の配慮はこ…

Out for delivery - 1.5.17

アメリカamazonで注文すると、prime会員でないと到着まで1週間くらいかかるのはザラのようです。まぁ、アメリカは広いから仕方ないなと思っていたのだが、よくよくUPSの追跡情報を見ると、隣の州で5日間くらい止まっていた?で、到着予定日を過ぎても来ない…

flip the switch -1.4.17

スイッチをパチっと入れる。 ようやくお披露目。 www.bloomberg.com

crosswalk - 1.3.17

アメリカでは横断歩道のことをcrosswalkと言うらしい。イギリス英語では単にcrossing? 歩道はアメリカではsidewalk。イギリスではpavementと言う。 バスの中の おばあちゃんは正しかった 歩道と横断歩道を使え という広告 多分、おばあちゃんは既に死んでる…

be bogged down - 1.2.17

ここのホテルはいつも、ちょっとしゃれた看板を出してくる。巻末年始のエレベーターの混雑を詫びるアナウンス。まぁほとんど誰も読んじゃいないんだろうけと、楽しませる心意気が感じられて好き。

run the table - 1.1.17

すべてがうまくいく www.nfl.com #GoPackers

NYE - 12.31.16

アメリカではクリスマスの方がお祝い感が強いものの、新年もそれなりに楽しむ雰囲気。街に人は多くなるし休むし旅行するし買い物もする。NYEはnew year eveの略。良いお年を、も、あけましておめでとう、も、Happy new year.

all you can eat - 12.30.16

食べ放題を英語で言うと、all you can eat.一品料理に対応するのはなさそう、なので、前菜のappetizer、メインのentree…みたいに言う必要があるか。。もしくは、a la carteと言ってみてもいいが、日本語で言う「アラカルト」はフランス語なので、そのままで…

mean by - 12.29.16

単語そのものの意味は知っているが、どういう意味で使っているのか知りたいとか、mean byを使うと良いみたい。

what if - 12.28.16

仮定法を使えば可能性の低いもしも話ができると知りつつ、時制を考えなければならないので、作文に時間がかかりスムースな会話にならない。ので、what ifは手軽にもしも話ができるとも言える。

terminology - 12.27.16

専門用語、特殊な使い方をする表現のこと。technical term という言い方では聞いたことない。

Customer in Training - 12.26.16

別になんてことない表現だが、スーパーの子供用カートに付けられた旗が可愛らしかったので、写真にも納めてみた。

Round the clock- 12.15.16

クリスマスはどこもほとんど休業だが、カジノ内のレストランは営業中。1時間ほど待ってテーブルに座ってメニューを眺めると、ビール1.5ドルと!ただし、round the clock?...1日中とのこと。格安が売りのレストランだってので、正直味はイマイチだったものの…

Happy Holidays - 12.24.16

最近はキリスト教信者がMerry Christmasも言えない世の中になっているらしく気をつけていたが、職場ではHappy Holidaysとは聞いたことがないし、普通にクリスマスツリーが飾られてる(年始までありそう)、クリスマスにちなんだポットラックパーティもしてるし…

Ped xing -12.23.16

ped = 足の意味で、歩行者。*1 xing は、正しくはcrossingだけど、文字数を省略したいときには、こう書く。 *1:語源のレクチャーを受けたことによる知識!

could have done -12.22.16

オンライン英会話で、「助動詞プラス過去分詞」のレッスンがあり、must、should、may、might、can、couldそれぞれどう違うか、というやつだったのだけど、そもそもcan、couldと過去分詞がくっついた文章って見たことないなと。。 「実際はしなかったけど、〜…

bomb squad - 12.21.16

LAX travelers frustrated due to major delays on busy travel day abc7.com 緊急時に外国語だけでしか情報が流れてこないのは、非常に不利だし心細くなる。 Bomb squad を見て、何かいい意味の複合語であってほしいと思ったが、そんなことはない。。

CAPEX - 12.20.16

音だけで文字を見なかったら検索できなかっただろう単語。何かの略語かと思ったら、設備投資の意味らしい。

Peanuts butter - 12.19.16

ピーナッツバターをグーグルで調べると、「アメリカのは日本のより甘くない」とかいう情報を得られるのだが、そういう意味ではなくて、口語的な表現でなんかあるのに見つからない。で、どういう意味かを聞いてみたところ、ピーナッツバターをパンに均等に塗…

non-perishable 12.10.12

アドベントクランツに灯りがつくと、イエス様のお誕生が近くなる♪Merry Christmasとはいえないパリコレまみれのアメリカだが、大々的にクリスマスを祝う人たち。テレビコマーシャルでもサンタ姿の人がfood donationを募ったりしてるのだが、職場でもその一環…

I didn't mean to - 12.9.16

そんなつもりではなかったのよ!の、言い訳フレーズ。サラッと言ってみたい。

over time - 12.8.16

時間をかけて〜してきた、そのうち〜なったという表現の中で聞いた。とはいえ、残業もwork overtimeでは?という気も。。

snag it - 12.7.16

マイクロソフトか何かの製品名称みたいなのだが、パソコン画面のスクリーンショットを「手軽にパッと取る」ツール。

All righty - 12.6.16

OK的な意味合いで、alrightyという女性がいて、何を言っているのかちゃんと考えたこともなかったが、適当にGoogle検索してみたら、どうやらアメリカ英語で女性が「all right」の意味で使うことがあるらしいということがわかった。

input - 12.5.16

Thank you for your input.というと、カジュアルに「情報ありがとう」という意味になる。

son of a - 12.4.16

くそっと言いたいが、理性がそれを阻む時、何故かビスケットの息子となる son of a biscuit.

Go get them - 12.3.16

かわいいカーリーとチャーリーを連れて、山へ。散策後、なかなか帰って人たちを待って、ようやく遠くに見つけた時に、飼い主がGo get them!と叫んだ。最初、ゴゲッダム(?)みたいな音にしか聞こえず頭を抱えてしまったものの、状況より判断する謎のクイズで理…

running late - 12.2.16

遅刻あれこれ。I was an hour off... 寝坊の別の言い方と思われる。Running late 遅れています。走ってはいない。

雑感所感 -12.1.16

Good Wifeが、2016年にとうとう最終シーズンを迎えた。シーズン3、4辺りまでは面白かったんだが、まさか最終話でそうなるとは、、近々、スピンアウトの新たなドラマが始まるらしいので、本国で放送されたら、日本でもすぐみてみたい。 特別お題「年末年始に…

That's what it is. - 11.30.16

それがそれなんです、つまり、そういうことなんです、といった表現。今日は4回くらい聞いた。That't how it is. などという表現もあり、そういうものよ、となる。

food for thought - 11.29.16

考慮の種。参考情報といった感じか。最近、表現に遠慮がない。口頭で言われたら全くわからん。

hit the cap - 11.28.16

数字が上限になるもか、頭打ちになることを言うらしい。topじゃないのね。

What can I get for you? - 11.27.16

スタバのレジで「何にしましょうか?」と聞かれて、当たり前の表現ではあるが、日本語とは違う感覚だなと、改めて思った。レストランで、ご注文はお決まりで?の「Are you ready with your order?」は、細かい助詞とか聞き取れないが、readyとorderで推察す…

Aardvark - 11.26.16

かなり広い公園内の小さい美術館に行ってきた。なんでも、旅行好きで40回を超える世界旅行をし、第一次、二次世界大戦にも従軍し、世界恐慌を幸運にも乗り越え、事業化としても最高し、晩年スキーをたしなみ、とかいうすごい人、Wilbur D. Mayさんのコレクシ…