読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助動詞を使いこなそう!Part1.

 

4/5 10:30〜12:30

 

音読講座を受けたスクールの、無料公開セミナーに出てみた。

無料セミナーといいつつ、事前に簡易クラス分けがあって、レベル感が同じ人たちが集まっていた。

1クラス10人くらい。

 

助動詞の基本的な説明*1と、can, will, should, shall*2の日本語→英語の口頭作文、音読。

簡単な文章だけど、すぐ口をついて出てこないものだし、速いスピードでは音読できなかった。

 

ネイティヴの話すスピードでは、冠詞や前置詞は弱く読まれて聞き取れない、それを補うのが文法力、という解説は印象に残った。

*3

 

作文は当てられるから緊張感があり、時間もあっという間に過ぎた。

欲を言えば、もう少し量をこなせればよかったかなと。*4

 

本科コースに通っている人が8割方だったようで*5、この無料公開セミナーが本科コースの簡略版と思っていたのに、違うのか?という疑問は残った。*6

 

講義の進め方や講師の方々は好きなタイプなので、仕事との兼ね合いさえどうにかなれば、いずれ申し込むことになるだろう。

 

*1:これ自体は何ら新しい情報なし

*2:そういやmayがなかった

*3:あと、教育実習先で、ある生徒に"Can I see the book?"と言われ、その隣の生徒が"You should say may I."と言ってた、というエピソードが可愛くて好き。

あと、マイケル・ジョーダン復帰戦で会場に来ている観客のプラカードに"You are back, so I am."と書かれていたという話もなかなか深い。同じことを表現するにも、英語は日本語に比べて文字数が多くなる、と言われているけれど、この話は逆。

*4:無料セミナーに図々しい要望だとは思うが、なんか量に勝る勉強法ってあるんだろうかと、最近ふと。

*5:最初に書かされる名札、カタカナかローマ字かで、単発生徒と本科生と分けていた?

*6:まぁ、個別ガイダンスに出てみて、どんなコースを受講できるのか、聞いてみればいい話。