読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gratuity - 07.18.16

アメリカの習慣で全く解せないのがチップ(tip)で、

ファストフード店を除く外食

タクシー

ホテルのベッドメイキング等のルームサービス

valet parking利用時

美容室(ヘアカット)

ナドナド、サービス提供を受けた場合には、税を抜いた本体価格の15〜20%程度をチップとして支払う"必要"がある。

Tipは時々gratutiyとも表現されることもあるが、同じ意味。


以前タクシーでクレカ払いにした際18%固定だったり、食事のクレカ支払い時に、店員がハンディ端末を持ってきて「18、20、22%から選べ」の画面を見せられ固定の率を払わされることもある。


あと注意すべきは、食後店員が持ってきたレシートにすでにチップが含まれているケースがあり、何気に二重に払ってしまう場合がある。

会社への経費精算時に当然チップ分もreimburseしてもらうように申請するが、「相手方から強要されたものか」の確認があって、いろいろ馬鹿げている。